まいり

エマニュエル・ボーヴ

えまにゅえる ぼーう゛
1898 - 1945
パリ
お線香をあげる   お花をあげる
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
エマニュエル・ボーヴさんへのメッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿ルールについてのページを設けました。投稿をご利用の際にはご一読ください。(19/08/22更新)
投稿ルールを表示
2018.09.19 ID:257392

In 1940, he was mobilized as a laborer and hoped to be able to flee to London. He was unable to publish during the Occupation. He managed to escape to Algiers in 1942, where he wrote his three final novels: le Piège, Départ dans la nuit and Non-lieu.

He returned to Paris in poor health from diseases caught during his Algerian exile. He died in Paris on July 19, 1945 from Cachexia and heart failure.
2018.09.19 ID:257391
父はキエフ生まれのユダヤ人で、ポグロムを避けフランスに逃れてきた人物であった。母はルクセンブルク出身で、パリで女中をしていたところをこの人物に見初められた。父母ともにフランス語が満足に出来ず、エマニュエルは当初小学校にも通えない不幸な生活を送っていたが、やがて父がイギリス人の教養豊かな愛人を作りジュネーヴに移り住むと、エマニュエルもここに引き取られ、以降は知的刺激に満ちた生活を送ることができた。1915年、父の死と前後してこの愛人の実家が破産し、18歳のエマニュエルはパリに戻って、以降カフェのボーイやホテルマン、路面電車の運転手や自動車工場の労働者など、職を転々としながらひとりきりの貧しい生活を送った。
2013.07.01 ID:37424
お悔やみ申し上げます
1945年07月13日に亡くなった人